急に起こるトイレトラブルは慌てずに業者へ依頼して直してもらおう

流れが悪い便器を治したい

トイレ

便器の流れが悪い時は

トイレのつまり、流れが悪いなどのトラブルが出た時、原因はいくつかあります。もともとの施工の問題で挙げられるものは、使っているうちに便器の中に汚れがこびりついて、だんだん流れが悪くなる場合です。また、携帯電話や、子供のおもちゃなどを落としてしまった場合などもあります。このうち、便器の中に汚れがこびりついているばあいについては、ラバーカップ(トイレのすっぽんと呼ばれているもの)を使うと流れがよくなる場合がありますが、残りの二つの原因の場合、トイレを外さないといけないので、ご自身で修理するのは大変です。業者さんにお願いしたほうがいいでしょう。ただ、業者さんを呼ぶ前に、ご近所さんやネットなどで、評判のいい業者さんを見つけておきましょう。中には、悪徳業者も存在しますから注意が必要となります。評判のいい業者さんに来てもらったら、つまりの状態を伝えてください。ポイントとしては、物を落としたことがつまりの原因の場合、ラバーカップなのを使って流れがよくなった思っても、1度か2度トイレットペーパーを使うと再発します。もちろん大きいほうをした時も同じです。ラバーカップでご自身でやってみて、つまりが解消したかどうかトイレットペーパーをちょっと多めに流してみると、すぐにわかります。そして、その内容を業者さんに伝えると、トイレを外さないといけないか、つけたまま作業すれば十分なのかの判断が付きます。トイレは頻繁に使うものですので、不安がある状態が長く続くのはいいものではありません。いい業者さんを見つけたら、出来るだけ早く不安を解消してもらいましょう。